しるの読書記録

読んだ本をただただ記録する

今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則

サッカー漫画「ジャイアントキリング」を材料に、チームビルディングのやりかたの解説をしている。 読んでいる漫画がもとになっているので状況を想像しやすくてわかりやすい。

グループからチームに

70点のグループが赤点を経て、120点以上のチームに変身する。

  • グループ
    • フォーミング(形成期)
    • ストーミング(混乱期)
  • チーム
    • ノーミング(規範期)
    • トランスフォーミング(変態期)

フォーミング

優秀すぎるリーダーは、指示出しによりストーミングを予防してしまう。 コミュニケーション量を増やし、相互理解を深めることで、次のステージに進む準備をする。

  • フォーミング体質
    • 自己主張をしない。空気を読んで、遠慮する
    • 自分の思い通りに組織をコントロールしようとする

ストーミング

ストーミングに必要なのは「1.1力(相手の自己重要感をアップさせる)」と「凸凹力(個の強みを活かす)」。

  • ストーミングの起こし方
  • みんなで一緒にやる必要があり、かつ、答えがないお題を与える
  • リーダーに依存できないようにする
  • ストーミングで解散しないために
    • ビジョンが示されていること
    • ストーミングの意義が共有すること
    • 個人の安全を確保すること
    • グループ全体としての安全を確保すること
    • ストーミングがスムーズに進みやすくすること

ノーミング

共有された価値基準を作る。 「予測力(凸凹の相互理解、理想の共有、現実の共有)」「アシスト力(役割を超えてチームに貢献する)」「気づき力(チームのために何ができるか考える)」

  • 判断 = 価値基準 x インプット情報
  • 寸足らずの毛布
「DFは相手の攻撃防ぐのが仕事…
FWはゴールを狙うのが仕事。
それは最低限の役割…役割を
おろそかにしてたらゲームは成り立たない。
でも、組織として差が出るのは、個々がどれだけ
役割以上のことが出来るかだよ」

トランスフォーミング

チームが「ひとつの生き物」になる。 仲間集めは「レベルをあわせて、タイプを散らす」こと。

  • サイズの違うピース(エース)がいると凹をフォローできなかったり依存してしまう
  • 面白化力、三方よし

13歳からのアート思考 「自分だけの答え」が見つかる

正解を探すのではなく自分なりの見方・考え方を育むための方法について、以下のアート作品の鑑賞を通して説明してれる。面白かった。

20世紀のアートの転換

  1. 目に映るように描くこと => アートでしか表現できないもの
  2. リアルさを遠近法で描くこと => いろいろなリアルさ
  3. 具象物を描くこと => 鑑賞者と作る
  4. 視覚で愛でること => 視覚から思考へ
  5. なんらかのイメージを映し出すもの => 物質としての絵そのもの
  6. アートの枠組み => 違いはない

アウトプット思考

  1. 作品を見て気づいたことや考えたことをなんでもアウトプットし、「どこからそう思う?」「そこからどう思う?」の問いで深める
  2. 作品だけを見て、自分なりに考える
  3. 意図的に。違った角度から作品を眺める(物質、視覚以外、動き)
  4. 作品背景を知った上で、自分なりに考える

社長の覚悟 守るべきは社員の自尊心

自発的に動く社員を育てる7つの法則について、自身の経験を元に書いている。 動けば動くほど部下の心が離れていく状況から180度転換して、「You work for me」から「I work for you=いかにヒトと組織を育てるか」に変わる方法として、一貫して「社長は動きすぎるな」ということが書かれている。

  • 社員を動かそうと思ってはいけない
    • 社長が見ているものと社員が見ている物は違う
    • 動きたくなる環境作りをする
    • 部下がワークしないのは社長の責任
  • 「社員のために」がヤル気を生む
    • 社長自身が退路を断ち、求められた役割を演じる
    • 悪い情報こそ社員に伝える
    • 社員をよく見てモチベーションに水をささない
  • 伝えたいときこそ、聞く
    • 聞く場を定例化し、複数持つ
    • 等しく聞く(相性の良くないヒトほど聞く場を)
    • 組織の問題は、聞いて即行動しない
  • 悪い報告こそ歓迎する
    • 報告した人に感謝する
    • 裸の王様にならない
    • 自分の身を守ったり正当化するのではなく、社員のために
  • できない社員には、できるための支援を
    • 支援なく仕事を任せたらできないのは当たり前
    • 特定スキルだけでなくポータブルスキルを高める
    • 素養を見極めできる仕事を探す
  • 何かをはじめたら、何かをやめる
    • 集団皿回し(自転車操業)になっていないか
    • 今日と明日のバランスを考える(今うまくいっていても、その先があるか)
    • 部下の「やめる」を評価する
  • 異動や抜擢で「いまに甘んじない組織」に
    • 「安定した成長力」より「変化への対応力」
    • ルールは守るものではなく、つくるもの
    • 自分を叱ってくれる人を見つける

たった一人の熱狂 -仕事と人生に効く51の言葉-

SNS「755」での著者の発言を元に書籍化したもの。 タイトルどおり、「結果が出ない努力に意味はない」「ひと休みなんかするな」など熱い言葉が多いので、合う合わないはありそう。

ファシリテーションの教科書 - 組織を活性化させるコミュニケーションとリーダーシップ

チームの読書会のテーマ「ファシリテーション」の回で読んだ。 この本ではリーダーが持つべきスキルとしてファシリテーションをあげているが、リーダー関係なく読んでも良い内容。 大きく「仕込み」と「さばき」に分けて体系的にまとめている。

問題解決の思考ステップ

  • What - 問題意識の明確化
    • 問題とは理想と現実のギャップ
  • Where - 問題箇所の特定
    • 事象を分解して共通点・相違点に着目する
  • Why - 真因の追求
    • 因果関係(相関関係、時間的前後関係、第三因子の不存在)を見つける
  • How - 対策の立案・実行
    • 実行プラン、アウトプットイメージ、責任者を明確にする

仕込み

  • 仕込みは誘導のためでなく、臨機応変に対応するため
  • 議論の出発点と到達点を明確にする
  • 参加者の「認識レベル」「意見・態度」「思考・行動の特性」を把握する
  • 論点を広く洗い出し、絞り込み、深める
    • 論点とは「意見が答えになるような問い」のこと
  • 議論すべき論点、議論すべきでない論点、確認する論点、置いておく論点に分ける

さばき

  • 発言しやすい雰囲気や刺激を与える
  • 発言を受け止めて、何が「意見=主張・結論」なのかを理解し、周りに理解させる
  • 相手の論理を完成させる(不明確な主張、論点の欠落・飛躍、前提の省略)
  • 議論すべき論点を強化し議論すべきでない論点を止める
  • 意見の対立に対処する
    • 情報格差をなくす
    • オプションを洗い出しメリット・デメリットを考える
    • 判断基準・優先順位を揃える

マネーという名の犬 12歳からの「お金」入門

子ども向けのお金やビジネスの入門書。前半は「成功日記を書く」など自己啓発本かなと思ったけど後半はお金との付き合い方の話だった。 金のガチョウを例に、「今使うため10%」「短期的な夢のため40%」「ガチョウ=投資のため50%」に分けるやり方は分かりやすくて良さそう。

  • お金は一番大切ではないが、大変なときにはとても大切
  • 誰かの問題を解決すると、人はお金を払う
    • 自分が喜んでやりたいこと、で、他人が抱える問題を解決する
  • 決めたことは72時間以内にやる
  • 仕事は不愉快で辛いものという思い込みを捨てよう
  • 幸運というものは、準備と努力に結果に過ぎない
  • 成功しても、うぬぼれて学ぶことをやめてはいけない

作者あとがきに書かれていることが良かった。

わたしたちはすぐ「そんなことはもう知っているよ」と決めつけてしまいがちです。
こうした姿勢こそ、落とし穴にはまるもとです。
「もう知っている」と思った瞬間に、学ばなくなってしまうからです。
そこにある本当のメッセージに耳を傾けようとしなくなるのです。
また、新しいことを学ぶだけでなく、「学んだことを実際に実行する」ということも大事なのです。

数学的コミュニケーション入門 「なるほど」と言わせる数字・論理・話し方

数字を使った論理的なビジネスコミュニケーションの方法について書かれた本。 エクセルの使い方とかはいらなかったかなと思いつつ入門書なので…。移動平均相関係数、回帰分析などを知らない人なら勉強になるかも。

  • 「正確な計算」よりも「素早くざっくり概算」
    • 日々の暮らしの中で数字で見積もるという練習をしてみる
  • なにかを明確に定義しないと、思考は始まらない
  • なにかと比べるから、数字はつくれる
  • グラフのはメッセージを込め、余計な情報はカットする
  • 「資料が雑」=「重要な仕事も雑」
  • プレゼンでは冒頭に「定義」と「ゴール」を示す
  • 「結論から」タイプと「前提から」タイプがいることに気をつける